HOME » インプラントの基礎知識 » ブリッジとは?

ブリッジとは?

ここでは、ブリッジがどういった治療方法なのか、分かりやすく解説します。インプラント治療とブリッジの違いを比較しながらまとめたので、迷っている方は必読です。

ブリッジとは?

失った歯を補う治療法には、インプラントの他に「ブリッジ」という方法もあります。

ブリッジとは、抜歯した周囲にある歯を少し削り、橋桁にすることで補う方法です。ほとんど自分の歯のように使えます。

インプラントと異なり、外科的な処置も行われないため、ほとんどのクリニックが対応可能。さらに、適用条件を満たせば、保険診療内で治療が行えます。日本では非常にポピュラーな方法です。

ブリッジ治療のイラスト

ブリッジの費用について

保険診療内の治療だと、前歯の欠損が1本だけなら約21,000円、奥歯1本だと11,000円が相場です。

ブリッジを保険診療内で治療してもらう際は、ブリッジの本数・位置・材質が制限されているので注意が必要です。クリニックを受診した際は、保険診療の対象なのか確認してください。

保険診療内になるケース

  • 1本または連続した2本の歯
  • 前歯(最大4本まで保険適用可)
  • 両隣に歯のない一番奥の歯
  • 前歯の3本目までは白い歯が可能
  • 4番目以降は銀色の金属素材

セラミックといった審美性・耐久性に優れた素材を希望する場合や、上記のケース以外だと、保険適用外の治療となり100%自己負担となります。

ブリッジ治療のメリット・デメリット

メリット

  • 外科処置の必要がない
  • 治療期間が短い
  • まるで元の歯のように食感を楽しめる
  • 保険適用内なら安価
  • ズレや緩みの心配がない

デメリット

  • 土台となる健康な歯が必要不可欠
  • 状態次第では、治療が出来ない場合がある
  • セルフケアが困難
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 土台の歯が歯周病や虫歯になりやすくなる

口腔内の状況や治療する位置によっては、ブリッジが最適な場合もあります。インプラントとブリッジ、どちらが良いか迷った際は、自己判断せずに専門医と相談した上で治療を進めてください。

港区エリア別でおすすめのインプラントクリニック 5選

※このサイトは、個人が調べてまとめました。情報は2016年9月のものです。
最新の情報などは、各サロンの公式ホームページをご確認ください。