医療費控除の申請方法

お得なクリニックでさらに安く治療を受けるために、覚えておいて損はない「医療費控除」についてまとめてみました。

はじめてでも安心!インプラントの医療費控除ガイド

インプラントは入れ歯や差し歯に比べると、審美性が高い治療方法。ですが、美容目的ではないので医療費控除の対象です。

同じ自由診療である美容整形は対象外なので、勘違いしている人も多いかもしれませんね。健康保険が使えない=医療費控除の対象外ではないようです。

そもそも、医療費控除とは?

1年間(1月1日~12月31日)に支払った医療費が10万円以上の場合、一定金額の所得控除が受けられる制度。1人の医療費が10万円以上ではなく、ともに生活している家族での医療費合計額が10万円を超えればOKです。

さらに、一緒に住んでいる親族の所得合計が200万円以上であれば、税務署に申告すると納めた税金の一部が還付されます。これによって、インプラント治療で使った費用を税金の還付という形で補えますよ。

医療費控除の申請方法

医療費控除を受ける為には、規定の申告書を作成する必要があります。

1年間の医療費は翌年からの5年間、いつでも申告が可能です。毎年2月15日~3月15日に行われる確定申告の時期に、医療費控除も一緒に申告すると手間もかからないですよ。

提出に必要な基本書類は、たった3つ。
※場合によっては別途添付書類が必要なケースもあります。

  • 所得税確定申告書
  • 申告する医療費の領収書
  • 該当年度の源泉徴収票

控除額はどれくらい?算出方法をチェック

控除金額は、所得総額と1年間に支払った医療費の合計金額によって異なります。なお、控除される金額の上限は、200万円でした。

医療費控除の対象となるのは、実際に支払った医療費の合計額から、加入している保険会社からの保険金+10万円(もしくは年間所得の5%)を引いた金額です。全額ではないので注意してください。

医療費控除額の計算式

なお、還付される金額は、医療費控除額に所得税率をかけるとわかります。詳しくは、国税庁のHPに記載されていますので、参考にしてくださいね。

港区エリア別でおすすめのインプラントクリニック 5選

※このサイトは、個人が調べてまとめました。情報は2016年9月のものです。
最新の情報などは、各サロンの公式ホームページをご確認ください。